お金で便利を買わずに、堅実にシンプルに節約ライフをしてみよう


44歳女性です。
冠婚葬祭等の急な出費が重なってしまった時に、クレジットカードのキャッシングを利用してしまったことがきっかけです。それを返済するためにお金を捻出すると、普段の生活費の出費も滞るようになり、ショッピングに関してはクレジットカードのリボ払いを利用するようになってしまいました。
毎月、クレジットカードの返済だけで結構な金額を支払う事になり、このままだといつまでもこの返済地獄から抜け出せなくなってしまうと不安だったし、自分の収入と出費のバランスが崩れて大変でした。収支のバランスが崩れると貯蓄が全くできない状態が続きます。貯蓄がないと急な出費に対処できません。
急な出費がある度にキャッシングを利用していたら負債がどんどん膨らむというデメリットがあります。
負債が膨らめばどんどん返済が遠のき、返済ができない限り貯金ができないという悪循環が続きます。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

徹底的な断捨離です。
私が収支のバランスを崩したきっかけの一つが、急な冠婚葬祭に伴う出費でした。
それはご祝儀や、香典の出費だけではなく、何度か重なった冠婚葬祭に同じ服は着て行けないと見栄を張り、礼服やパーティードレス、靴やバックまでそれぞれあつらえた事は、分不相応な買い物だったと思います。
同じように、例えば洋服とか、鞄や靴などを見て欲しがる癖があり、それでショッピングをしてはリボ払いをしている自分に気づいたのです。
そんな自分を卒業しない限り、永遠に収支のバランスが合わないと気がつき、自分を変えるためにも徹底的な断捨離を始めました。
服、靴、バックを売りまくりました。
それで少し収入を得たことも助けになりましたが、ミニマリストのブログなどを参考に、わずかな物でもオシャレに着回すテクニックを勉強しました。
それでその後のショッピングの出費は随分と減ったと思います。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

週一回の買い物で徹底的な自炊をする事です。
気晴らしや自分へのご褒美という事で、今までの外食率や飲み歩きの多かった自分を反省しました。
また昼食に500円〜1000円をかけていたら、15,000円から25,000円の出費になっていることに気づきました。
外食を辞めて夜は自宅で自炊。
昼は弁当を作り、節約をしました。
自炊は疲れますがそうでもしないとお金はたまりません。
買い物は土曜日の夜にまとめて購入して、他の日には買い物をしないことでも余分な出費を防ぎました。
ただ、余りに締め付けすぎでも、長続きしないかもしれないという不安もあったので、友人に誘われる5回に1回は一緒に外食をしたり飲みに行ったりもしました。
これで月々の返済分のお金が捻出できるようになりました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

お風呂を辞めてシャワーだけにして水道代とガス代を節約するという方法は、私には合わないものでした。
実際、プロパンガスの場合はお風呂を沸かすのに結構なお金がかかります。
シャワーだけにするならば節約にはなりますが、体の疲れが取れず、ストレス解消にもなりません。
ただでさえ、自炊などして、自分に負荷をかけて頑張っているのですから、せめて風呂に浸かって1日の疲れを取るというプロセスは、キープしなければいけないものだとわかりました。

節約成果発表&まとめ

1ヶ月に6万から8万円を節約することができました。
それにより8ヶ月でキャッシングとショッピングのリボ払いを完済することができました。
その後もずっとこのスタイルで節約を続けて100万円までお金を貯めることができましたが、現在も堅実に節約し貯蓄をするというスタイルは続いています。
病気や、事故、明日にどんな急な出費があるかはわかりませんが、少しでも貯蓄があるという事はとても気持ちにゆとりをもつことができています。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

節約はまず自分を知ることから始まると思います。
自分が毎月、毎日、何にどのくらいお金を使っているかを、正直に分析すれば、おのずと、何を節約できるか見えてくると思います。
そしてペットボトルを水筒に、外食を弁当に、居酒屋を家飲みに…というように、ちょっと変えてすぐに節約できるところが見えてくると思います。

コメントは受け付けていません。