携帯料金を値引きしてお金を貯める方法についての紹介記事


30代の女性です。
携帯料金がとにかく高いと思っていました。夫と私で2万円近く毎月かかっていたので、格安SIMに移ろうか真剣に悩んでいました。しかし、MVNOはお昼休みの時間全く使い物にならないところばかりで、肝心なときにネットにつながらないことを考えると踏み切ることができませんでした。日本は世界と比べて携帯電話の料金が圧倒的に高いです。フランスは毎月3000円程度が平均だそうです。ただでさえ給料なかなかあがらないのに、携帯電話だけでそれだけとられるのはかなり苦しい状況でした。単純に生活費に回すお金が減ります。今子供が二人いますが非常に食べ盛りで、食費にお金がかかります。できることなら携帯料金を下げて食費に回したいと考えています。つまり、デメリットは食費にお金をかけられなくなるということです。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

まず、私はワイモバイルを契約しています。ワイモバイルは3大キャリアほど料金が高くはなく、且つ回線もソフトバンクの回線と共有しているので、つながりにくくなることはありません。また、光回線もソフトバンク光にすればセット割引がありますので活用しています。さらに、ソフトバンクグループの株主優待を使うと携帯料金が各毎月500円、光回線が毎月1000円安くなります。さらに違約金が発生しない時期にMNP番号の発行申請をすると、ソフトバンク側から割引を提案されることがあります。いわゆる乞食割引というものですが、こういう割引も積極的に活用しています。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

単純にMVNOで良い場合はMINEOが一番安いのでお勧めです。毎月1000円で利用できます。私も一時的にMVNOに切り替えて急場を凌いでいました。また、中古のスマホを購入するのが良いです。秋葉原のソフマップにいくとSIMフリーのスマホを取り扱っていますので、行ってみるとよいと思います。また、スマホを機種変したいのであればソフマップで買い取ってもらえば数千円くらいの査定金額になりますので、節約になります。また、親が最近スマートフォンを使いだしているのですが、こういう売却とかに無頓着なので、キャリアに回収されないように残しておいてもらうとよいと思います。いいお金になります。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

家賃を抑えるために狭い部屋に住んでいましたが、夫から不満をもらし、険悪になりました。結局高い家賃の広い部屋に引っ越しましたが、それからは夫婦げんかもなくなりました。生活に必要なスペースを無理に抑えようとすると結局節約ができないんだということがよくわかりました。節約する対象をそれからはよく検討してから決めています。自分が良くても家族が良くない、我慢できないケースも多々あるので事前に合意を得ることが必須です。

節約成果発表&まとめ

携帯料金は光回線含めて毎月2.5万だったのが9000円になりました。乞食割引については過去に失敗もしていますが、毎月1000円割引してもらえたこともありました。それでこつこつ年間20万近く貯まっています。そのお金や給料の稼ぎを含め、元手300万から投資をはじめて一時は貯金3000万まで貯まりました。
現在は投資で得られたお金で旅行にいったり外食したりする余裕ができました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

今回は携帯料金の節約について書きましたが、ほかにも節税や、国からの補助を申請したり等、私はかなり手広く節約を考えています。インターネットに節約術がたくさん紹介されていますので、まずはそのようなサイトをご覧になることをお勧めします。費用の最適化はそれなりに知っていないとできないことなので、調べることが重要です。

コメントは受け付けていません。