過去を受け止め今をより飛躍させる20万円の使い方




お金がない経験ってとても大事だった件について

体調不良が原因で転職活動せずに、前の会社を辞めたため、収入がない時期が約半年近くあり、その時は本当にお金がありませんでした。
実家暮らしだったのが救いだったのですが、何もしなくても国民年金や健康保険など生きるだけでも、月数万以上かかることを初めて知りました。
繋ぎのためにバイトを始めても、就職時代の収入とは程遠く、友人と会ってもさりげなく安いものを注文したり、洋服も家族から着れそうなものを借りて過ごしました。
もちろん欲しいものも変えず、人生お金がないとつまらないな~と。
家族に心配もかけるし、迷惑もかけるしで、もう二度とお金に困らないようにしたいと決意しました。
「経済力は計画力だ」と今の会社の人に言われ、本当にそうだったなと感じております。

あと毎月10万円あったら、将来に向けての「投資」をします。
現在仕事上投資について学んでおり、確定拠出型年金、NISAやロボアドバイザー等も取り組み、実戦経験を積みたいと考えました。
若い世代は今後のために自分が働くプラスお金にも働いてもらう仕組みづくりが大切になります。
より多くの方が投資について身近に感じたり学べるように自分が実践し情報発信していきます。
また広告作成も担当業務のため、イラストレーターやネットやデザイン系の学習コースに参加し、さらなるスキルアップのための勉強を考えました。

欲しいものが多すぎて買いまくったら現金がすっからかん

先日マルシェに行きました。
手作りでかわいいアクセサリーやニット帽、ナチュラルグリーン、美味しそうな出店まで店舗が数多くありました。マルシェと言えばプチプラなイメージがあったのですが、なかなかいいお値段のものも多いんですね。それでも初めてのマルシェにテンションがあがり、せっかくきたんだから!と気に入ったものを買い進めていると…あれ?お金がない!!!
あわててお財布を確認してもお札が一枚もない。まさか現金が5000円しかないとは思わず…いや、まさか5000円も使うとは思わず!?カードばかり使っていたので現金の確認、怠ってました。友達と合流してお昼ご飯も食べる予定だったので、欲しかったニット帽は泣く泣く断念し、お昼は少し質素にベーグルひとつですませました。マルシェなどのカードが使えないところに行く時は事前に現金の確保が必要!身をもって体験しました。
もしわたしが毎月10万円あったら、5万は貯金して、たまったら旅行へ行きます!まずは国内をいろいろまわりたいです。そして2万は服やアクセサリーに使って、おしゃれを楽しみたいです。あとはたまの休日にハウスクリーニング頼んでみたいです!綺麗な部屋は嬉しいけど、毎日の掃除だけじゃ汚くなる場所もあるし、たまの休みは思いっきり遊びたい日もあるのでご褒美デーとして月に二回くらい頼めたら最高ですね。後の残りはカフェとかでリラックスするお金にします!

現実の厳しさの中でいただける小さな幸せ

我が家は、たくさんの子供がおり上は大学生から下は中学生と豊富に人数がいる現在、それぞれが経済的に気を使いどうしても欲しいものがある時だけ言ってきます。
毎月切り詰めやっていて今月は何とか節約できそうだお思っているとか必ず誰かが買ってほしいものを申告してきます。
それが一人言うと連鎖反応のように2.3人と出てきます。
あーどうしても必要だし買ってあげなくてはと思います。
必要最低限のお金が無くなると思っているとどこからともなく。医療助成金がおりてきたり、子ども手当の振り込まれる月だったりとなぜか助かってしまう事が多いです。もし、あと10万円あたのならば、食費に持っていったり3分の1くらいは貯金をして蓄え旅行などの費用にしたいと思います。何かと出費の多い現状にその月にすべて使ってしまうのはもったいなくてできないです。
少しでも蓄えておくと、いざとなった時に気持ちよく子どもたちにほしいものを買って上げれると思います。
離れて暮らしている3人の子ども達も気を使うことなく少し仕送りを1万円でも増やしてあげたいです。
使い道はたくさんありますが、全て子どもたちのために使いたいと思います。




コメントは受け付けていません。