お金は必要な額だけあれば十分だが、あまり多くを必要とはしてはいけない

まめに通帳記帳をしています。ネットでカード払いにしてあるものの明細書をみたり、メールがくるようにして現状のお金の動きをみて、支払いがいくらくらいあるかどうか一目瞭然にしています。あとは、カード払いの通帳を一冊にまとめている。

お金とは生活をよりよく循環させる必要なものであり決してお金に動かされてはいけない

わたしは、消費税が10パーセントになるのは今年の10月からのことを昨年しりました。それは、なぜかというと子供が習っているピアノの先生から消費税の引き上げに伴いレッスン料があがるからです。予定は、とくになし。主にインターネット情報です。あとは、テレビをみてしったりとか人からの情報をもとにして得ています。新聞は、とっていないので実家にいったときまとめてみたり、図書館の新聞を読んでいます。

お金に関する失敗談

私は、現金払いが金額的に厳しいときにクレジットを利用しています。なぜなら、必要なものだからです。その帳尻合わせは、次回の給与が振り込まれたときによく月、または年単位で帳尻を合わせています。数年前まではしていましたが、今は全くしていません。なぜならお金をおろすためにATMに行く際、通帳は手元にないからです。通帳記帳をしたほうがお金の管理ができるのでしょうが、今はネットやアプリで簡単に自分の資産を管理できるため、記帳する必要がありません。

お金は自然と貯まるものではないので、少しずつでも貯金しないといけない。

2019年10月1日からです。それまでに、特にお金を使う予定はありません。しかし漠然と、高いもの(家具や家電、旅行の予約など)に関してはそれ以前に購入すべきか否かを、充分に検討しておくべきだと思うので、考えてはいます。日経電子版を購読しています。紙の新聞だと電車で広げにくいし、持ち運びのストレスになるので、通勤途中のスマホ、または出勤後にパソコンで日経電子版を開いて情報を得ています。

お金に関する失敗談

基本的に支払いはほぼクレジットカードなので、懐具合は関係ありません。毎月の予算をオーバーしてしまったときは、貯金用の口座とは別に、いわゆるへそくりとして毎月余ったお金を入れている口座からいくらか引き出して使っています。給料振込に使っている口座とカードなどの引き落としがある口座は月1回通帳記帳しています。それ以外の口座は必要なときやATMに行ったときにしますが、基本ネットバンキングで確認がとれるのでしません。

豊かな生活をするためにはある程度お金が必要だけど、お金だけにとらわれる人生は嫌

知っています。確実な予定はありませんが、洗濯機が調子が悪いので、増税前に購入しようかとは思っています。日用品などストックできるものは買いだめするかも。あとは毎年行く旅行は増税までに行くか、予約をしたいと思っています。基本はテレビでNHKニュースや朝の情報番組で知るか、新聞記事で読みますが、より深く知りたい情報についてはヤフーや日経新聞などのネットサイト検索して情報を得ることもあります。

お金に関する失敗談

その時に絶対に必要なものでない限りは、現金払いが厳しいときには購入しません。どうしても必要な場合はカードで支払うこともありますが、その場合は次の給料で帳尻合わせをします。

コメントは受け付けていません。