お金を使うときは「生き金になるか」をきちんと考えてから

金欠気味なタイミングで、どうしても買わなければいけなくなってしまった少々値が張る洋服や家電を購入する際に、クレジットカードを使います。
翌月以降のお給料などで支払いが済ませられるのでとても助かりますし、翌月も厳しい時は分割できる点も精神的にもかなり楽です。

無駄遣いや失敗でお金の大切さを知ることができるが、無駄遣いも失敗もしないに越したことはない

昔の職場で仕事が忙しすぎてお昼を食べに行く時間がなくなることがあり、せめてカロリーの高いジュースだけでも…と思った時に限って1万円札しか入っておらず、同僚に100円を借りることがよくありました。
少額でも借金なので翌日には返し、必ず飴やチョコなどを添えて次もお願いしやすくしていました(笑)。お金に執着がない方だと思います。
周りにも言われるほどお金への関心が薄いです。
飲み会やイベントごとがあると、盛り上がること優先で面白グッズなどを買い込んでしまい、自分は赤字でも皆が楽しそうにしていたら「まぁ、いいか」となってしまいます。
悪いことではないかもしれませんが、良い習性ではないと思うので、そろそろ卒業したいです。

お金に関する失敗談

学生時代付き合っていた彼氏と遠距離になり、さみしくて毎晩電話していたら電話代の請求が5万円を超えてしまい、親に土下座の勢いでお願いして支払ってもらったことがあります。
そのお金で何回会えたんだよ…と当時は悲しくなりましたが、その後浮気されて別れたので、今思い出すと腹立たしさしかありません。クレジットカードで買い物することはありません。
それは、クレジットカードを使うといろいろな物をたくさん買ってしまいそうで怖いからです。
使ったほうが便利だとは思いますが、現金で支払った方が使いすぎの心配がなく安心できます。

お金が全てとは思わないがあったらあるだけ自由に暮らせる

初めて車を買う時に母から30万円借りました。
働くには車が必要だったのですが、当時お金がなく、車を買えなかったのでそれを見兼ねて母がお金を貸してくれました。
2年程で全額返すことができました。強い方だとは思いません。
今は専業主婦ですが、正社員で働いていた時、お給料が出たら貯金しなければ、と思いつつも洋服を買ったり週3回程飲みに行ったりとあったらあっただけ使ってしまっていました。

お金に関する失敗談

結婚することが決まった時に貯金が0だったことです。
洋服を買ったり飲みに頻繁に行ってお金を使いすぎてしまい貯金が全くなくて旦那に家具家電、全て買ってもらい申し訳なくて後悔しました。普段コンビニで、買い求めるときはほぼクレジットカードです。
クレジットカードの方がなんとなく使いすぎにブレーキが、かかるような気がします。
また、Amazonで買う時もクレジットカード決済です。

極力使わないか、お金を自分から稼いでいくかどちらかだ

昼御飯が、仕事の都合上外食になり、たまたま持ち合わせが、なくて同僚に1000円借りて翌日返しました。
非常に、体裁が悪くてまいりました。向こうは、貸したのも忘れていたようでしたが。子供のころは、おこづかいをもらうのが何より嬉しく、我ながらお金が好きだなあと思っていましたが、大人になって定期的に収入があると生活できればいいと、執着が薄れて来たように感じています。

お金に関する失敗談

オーディオに一時期凝っていて、数万円する機材をぼちぼちネットで買っていました。
ついつい余裕があったぶん、つぎ込んでしまい、分割にもしたので、あとあと生活を圧迫するようになってしまいました。

コメントは受け付けていません。