お金がなくて困ることはあってもお金があって困ることはない

給料からお金をいくらか貯金するのではなく、生活費として必要な分を給料から降ろして使うやり方です。お金を無計画に使っていると全くお金が貯まりません。余った分を貯蓄に回すのではなく、生活費として決めた分を使い残りを貯蓄します。このやり方ならば使ってない分はすべて貯金に回せます。

お金がなくて困ることはあってもお金があって困ることはない

お金の管理ができない人。物を買うときにそれが自分にとって本当に必要かどうか考えもせず、ただその時の気分で使うとあればある分だけ使ってしまい、貯金できません。そういう人は大抵、自分の給料や出費などに関心がないことが多いです。高級な店で高額な買い物をしても、カードで一括で支払いを済ませる人です。また、カードの種類もブラックカードなど普通の人には持てないカードを使っていると特にお金持ちだと思います。

お金に関する失敗談

学生の時に引越で不要品回収の業者にぼったくりに遭ったことです。当時は不用品回収の代金の相場を知らず、早く引越しなければと焦っていたので騙されてしまいました。ただ不用品を回収して処分するだけなのに何十万も取られました。お金の賢い使い方だなと思うのは、用途ごとに保険や定期貯金などに振り分けて管理している使い方です。 将来のことまで目を向けて、分野ごとに目的をもって管理するのは意外に難しいと思うからです。

お金があればあるほどいいとは思いますが、それよりも大事なものがある

お金を貯められる人と貯められない人の違いは、お金に興味があるかないかだと思います。 お金に興味がある人は今の時代だったら特に色々調べる事ができるので、色々な情報を集めているからかと思います。知り合いの会社会長夫人ですが、インプラントに一千万円ほどかけていました。 息子の会社の新社屋建築の為に現金で2億円一括で払っていました。 会社の周年パーティーに一千人ほど招待して誰でも知っている芸能人や政治家、スポーツ選手をゲストで招いてました。

お金に関する失敗談

都内の商業施設を歩いていたところ、画廊の方に呼び止められました。 話を聞いていると、世界的に有名な画家の原画のスケッチを売っているとのことでした。 自分の好きな画家だったので欲しかったのですが、簡単なスケッチで百万円位だったので、さすがに子供二人いてこれからお金がかかるのに自分の趣味に百万円は出せなくて泣く泣く諦めました。 いまだに欲しかったなと後悔しています。投資がちゃんとできている方をみると、賢いなあと感じます。お金の一番正しい使い方は「お金に働いてもらう=投資」だと思うので。沢山持っている人ほど、しっかり投資できている気がします。今なら、金への投資なんかは、手堅いなと感じます。

お金はやっぱり寂しがり!いっぱいあるところに集まってくる

自分の欲しいものをきっちりと見極められているかどうか、ということと、更にその欲しいものを買うときにも、お得な方法をしっかり検討する、という点だと思います。貯められる人は、無駄なものを買わないし、買う時もきっちり比較して買う気がします。元社長で、会社を売却した方はやっぱりお金持ってますね。給料で積み上げていくのとは大きな差があるなと思いました。お家は現金で買ってるし、保有している現金もケタが違います。

お金に関する失敗談

旦那にお小遣いを渡して、アウトレットに行かせたら、全くいらない、かつ高額なものを買ってきて、彼を信用すべきでなかったと大変後悔しました。自分の浪費より予想がつかないので、ショックが大きかったです。

コメントは受け付けていません。