お金は大事なものですが、お金をことばかり考えると、むなしく感じるときも

普段の買い物で織り込みチラシにより、少しずつでも出費を少なくしている人は、知らないうちに節約していることになると思います。また、金券ショップで図書券を購入してから本屋さんに向かう人も、意外と得をしていると思います。

お金は大事なものですが、お金をことばかり考えると、むなしく感じるときも

お金を貯められる人は、ケチであることが基本だと思います。ケチな人は、無駄遣いをしないという意識が高いからです。お金を貯められない人は、人生が楽しいことを優先している感じがします。だから、外食を楽しむ機会が多いのではないでしょうか。親密な関係でもないのに、会うたびに何かお土産をくれる人です。そのお土産が近所で簡単に買える物ではなく、わざわざ用意していたのだなと感じました。労力を使ってまで用意するということが、お金に余裕のある証拠ではないでしょうか。

お金に関する失敗談

他人にお金を貸したときに、返してくれないかもしれないし、返されないものとしてあきらめて貸しました。予想通り、お金は返してもらえませんでした。その人とは音信不通になりましたが、何年たってもそのことを思い出すのが、正直気分がよくありません。自己投資です。 例えば資格試験の本を買って勉強してスキルアップし収入を上げて豊かな生活を手に入れる。 月々の給料が上がれば参考者一冊分は安く、とても賢いお金の使い方だと思います。

お金は自分の為ではなく人の為に使えば使うほど自分も潤う不思議な魅力を持ったもの

「考えてお金を使っているか」どうかだと思います。 つまり、お昼ご飯を何気なく毎日コンビニで買い、分かりきった味を無感動に食べる。 これも自炊に知れば安いし、料理の腕も上がり、お金が貯められます。 「これって有意義なお金の使い方なのかな?」と考えることです。会社の仲間達に定期的に自分の知っている美味しいレストランでご馳走してくださる方です。 その方の話を聞いていると、ギャンブルは一切しない、車も軽で十分。 だけど人の喜ぶ為にお金を使うのが好き。 そうすると幸せなお金持ちになれるんだとおっしゃっていました。

お金に関する失敗談

彼女とのデートで事前に張り切りすぎて、高級ブランドの高い服を買ったらデート代がなくなってしまったことです。 その時は仕方なくキャッシングしましたが、その後の食事はほとんどモヤシ炒めで過ごしました。例えば、スーツ等の高額な衣服を購入する時に安価な物を購入するよりも少し高価なスーツを購入する使い方があります。 高価な物の方が持ちが良く、初期投資は高価なスーツの方が多くなりますが、結果的にトータルの出費は抑えられます。

お金で幸せを買う事はできないが、お金があればより幸せに近づける

約束を守る事が出来る人は、結果的にお金を「貯められる人」と思います。 約束を守れないルーズな性格の人では、計画性も無く支出をし、無駄な出費が多くなると思われます。一見してブランド物とは見えないのですが、靴にお金を掛けている人は、「この人お金持ってるな~」と思います。 靴は、あまり目立たない物ですが、目立たない物にこそお金を掛けていると非常に裕福に思います。

お金に関する失敗談

今思えば、社会人になって直ぐは、安いスーツをよく購入していました。 何年かし、安いスーツは、耐久性がよくない事が分かり、少し高価なスーツを何着か購入し、着まわす方が結果として支出が抑えられる事が分かり、少し後悔しています。

コメントは受け付けていません。