生きるためにはお金が必要だが、お金のために生きる人生は楽しくない

株や為替や証券に投資するのではなく、自分に投資するという意味でセミナーに通ったり、資格を取ったり、本を読みあさったりするお金の使い方は賢い使い方だなぁと思いました。

生きるためにはお金が必要だが、お金のために生きる人生は楽しくない

お金を貯められない人は、すぐにギャンブルに走るのでお金を貯められないのだと思います。お金を貯められる人はそういうことにお金を使わずに有効に自分のために投資をします。お金持ちはケチな傾向が強いと思います。少しの出費でもお金の使うべきかよく考えているのだと思います。またポケットから万札が出てくるとお金を持っている人だなぁと思います。

お金に関する失敗談

出会い系の詐欺に引っかかってしまい。お金を取られた事があります。甘い話にはかならず罠があることを学びました。また商品券詐欺にもかかったことがあります。甘い話は絶対に詐欺ですね。いつもお金に感謝しているとつまらない物、必要でないもの、ためにならない物やついうっかりなどの出費がなくなります。賢く使う人はお金を使う前にいつも考えてから買っています。納得する商品がみつかるまで買いません。なんとなくは絶対にないのです。

お金は人生を豊かにしてくれる大切な友達として扱ってあげましょうお金

計画性です。   計画出来る人は貯められます。 絶対必要経費とそうでないものを完全に理解してからお金を使う人は貯められます。 なんとなくはありません、これからどうしても必要な物以外はまず貯蓄に回すを徹底できる人は貯まります。身なりがすっきりしていて高価なものは身につけていませんでしたが毎日銀行で顔を合わせていました。 いつもニコニコしていて満ち足りた顔をしたおじいさんでした。  一見普通の人のように見えても銀行員の態度からかなりの資産家と思いました、余裕という言葉がぴったりの人でした。

お金に関する失敗談

若いころからお金を使う事が好きでした。 宵越しの金は持たないを信条にしていたのでいつも入った分だけ使うの繰り返し、ただ借金はしませんでした。  なので自分は自由だと勘違いしていたのです。 ある時気が付きましたね、お金を使っているんでなくて使われていたんだと! 目が覚めました。「品目によって、購入するお店を決めている」を実践している友人のお金の使い方に、感心しました。食品はこの店、日用品(洗剤など)はこの店でしか基本的に買わない、ということでした。それぞれ、買う品目が安い店を見極めて、他で買わないことで、一定した支出を保っていました。ですが、季節のお楽しみ、例えばモンブランケーキだけは、高くても好きなお店で買うなど、生活の潤いも取り入れていて、長続きするような工夫もされていました。

お金は、使うにしろ貯めるにしろ、生き生きと活用したほうが、気持ちが良い

安いからといって、100円ショップなど低価格帯店で、ついつい衝動買いしてしまうのが「貯められない人」。基本的には、高い、安いに関わらず、必要なものしか、買わない人で、長く使えるなら、思い切って高くて良い物を買えるのが、「貯められる人」。だと思います。サラリーマンなのに、自宅とは別に、仕事で遅くなった時に泊まる部屋を借りている人です(ご自宅は、奥様の希望で、郊外の自然環境の良いところに、お持ちでした)。服装は地味ですが、良い生地のものを、いつも着用されてました。その分、外食費などは上限費用を決めて、その予算内でやりくりしながら、楽しまれている人でした。お金の使いどころを、心得ているなあ、と感心しました。

お金に関する失敗談

交通費は、チケットショップで買って、節約するようにしています。旅行先でも、利用しています。1度、次の日に使うだろうと購入した切符が、スケジュールの変更で使わなくなりました。同じショップで買い戻してもらいましたが、半額以下の買取額だったので、ガッカリしました。それからは、使う直前に、買うようにしています。買う時間が取れないときは、正規の値段を払うほうが、勿体無くないと、実感しました。

コメントは受け付けていません。