給料日前に手持ちのお金がなかった時の話




お金がなくて困っている時に結婚式の出席依頼がくる。

こんなに迷惑な話はありません・・・。

お祝儀が用意できなくて結婚式を辞退する、そんなことはよくありますよね。

先々に必ず必要になるお金がどうしても用意できない時、他の人は一体どうしているのでしょうか?

今回は絶対に必要なお金が用意できず困った経験がある3名の方からお話を聞きました。

それでは早速ピックアップして紹介していきましょう。

無駄な出費を省いて手軽な節約を

高額出費が重なった時です。
お盆に帰省した際十数万円の出費がありました。遠方のため、交通費だけでかなりの額になります。また、親をレジャー施設に連れて行ったりもしたので、更に出費がかさみました。そして、帰宅後にタイヤに亀裂が入っていることに気付き交換で数万円かかりました。更にその後に車検のタイミングになり、約10万円程の出費がありました。高額の出費が重なり、通帳の残高が大幅に減っているのを見て悲しくなるとともに、お金ないなーと思いました。家族に焼肉に行きたいと言われても、そこにお金をさく余裕もないため、今度ね!ということしか出来ませんでした。そこでとにかく節約しようと思いました。まずは食材を無駄なく使う為、1週間分の献立を考えました。今まではその日の分を考えて買い物に行き、野菜余っちゃったなーと思うことも度々ありました。しかし、先の予定も立てることで余りをなくし、無駄な出費を抑えることができました。また、1週間で使うお金をいくら、1ヶ月でいくら、というように使っていいお金を決めることで、レジャーや外食にいくらならあてられるかを計算しました。その結果、月に少ない回数ですが、家族を外食に連れて行ってあげることができました。

転職し給与の激減による生活の変化

欲しいと思ったものが買えなかった時。
以前の仕事を辞めてから給料が減り、今まで欲しい物は1万程度であれば、そんなに悩む事なく購入していました。
しかし、今は似合わないかもしれないと思ったり、着ないかもしれない、と悲観的になりました。
それもお金がない為、無駄遣いできないので考えるようになりました。
友達がお洒落な服を着ていると羨ましく思うようになりました。
また、友達と買い物へ行っても自分は買えなかったりします。娯楽は極力抑えるようにしています。
友達との誘いを断り続け、誘われなくなってしまいました。
後は、昼のご飯をコンビニで買っていたのをご飯を炊くようにしたり、本当にカツカツの時はお茶漬けを食べていました。
出かける際の交通費ももったいなくて、徒歩30分圏内であれば歩くようにしました。
しかし、出かけず誰にも会わずにいると気持ちが落ち込んできてしまうので、よく実家に帰るようになりました。
週末2日実家にいれば、食費などが浮くためです。

給料日前に手持ちのお金がなかった時の話

給料日直前にスーパーに買い物に行き、食料品をかごに入れてレジで精算しようとした時に財布に数百円しか入っておらずかごに入れた分の食料を全部買うことはできないことがわかりました。
時間をみるとATMの利用をすると時間外手数料を取られる時間で、しかも銀行のカードが手元になかったので貯金をおろすこともできませんでした。
さらに考えると、たとえおろせたとしても公共料金の引き落としの日時もせまっていたので貯金をおろすこともできませんでした。その時の買い物は財布にある数百円で買える程度にとどめました。
また、その日から給料日までは近所のスーパーのカードに貯まっていた、使えるポイントを全て使って食料品を購入することでなんとか乗り切りました。
また、冷蔵庫の中身を整理できる良い機会だと思い、冷蔵庫がほとんど空になるほど冷蔵庫内の食料品を食べ尽くしました。
おかげで冷蔵庫もすっきりしてついでに冷蔵庫内の掃除もでき、結果的には良かったと思います。
また、それ以来財布の中身を確かめてからスーパーに入るようになりました。

まとめ

さていかがでしたか?

欲しいものを諦めなくてはいけない、食べたいものが食べられない。

こういうことが続くと本当に気持ちが滅入ってしまいます。

交際費が限られてくると頼れる友達も減ってしまいますしね。

上手にキャッシングを利用して行くのも手ですね。

それでは今回はこの辺で どうもありがとうございました。




コメントは受け付けていません。