即金で現金を入手する方法はある




一人暮らしじゃない場合交際費に結構お金がかかってしまいますよね。

給料日前で節約したいギリギリの生活なのに、みんなで割り勘で遊ぼうなどと言われ震え上がる事ってありませんか?

本当にお金がなくて困った時みんなはどうしているのでしょうか。

今回はちょっと裏技的なテクニックで給料日前を乗り切っている3名の体験談をまとめました。

では早速見ていきましょう。

お金がなくて困るのもひとつの経験

大学在学中のこと。
私は奨学金を借り、一人暮らしをしていました。
特に贅沢をしていませんでしたが、親からの仕送りはなかったためいつもお金がなくてつらかったです。
そのうえ、学生のころは計画性もなくおかねをつかっていましたから、奨学金支給日やアルバイトの給料日前などはかつかつでろくにご飯を食べる頃ことも出来なかったです。
いちばん困ったのは、アルバイトに行くための電車代がなくなってしまったことです。
家の中からなんとか数百円を見つけ出し、アルバイトに向かいましたが、今度は帰りの電車代がありませんでした。当時、たいして仲良くもないバイトの先輩に1,000円借りて帰ったことを思い出します。
とても情けなかったです。
当時は、お金がなくて困ったのは、実際にお金が必要になったときだけでした。
奨学金やささいなアルバイト代が入ると、お金が足りなくなるという現実は忘れてしまっていたような気がします。
また、大学にもたまにしか行っておらず、なまけた学生生活を送っていました。
お金に困っているなら、アルバイトを増やして収入増をめざし計画的にお金を使おうなどという考えには至りませんでした。
その時の私は、だらしなく幼稚でした。
お友達や知り合いからおごってもらったりすることを、たいしたことではないと考えている自分もいました。

でも、そんな生活を2年ほど続けていると、自分が嫌いになっていきました。
大学の友達は、アルバイトや学業に励み努力しながらキラキラ輝いて生活してるというのに。

私は変わりたい。
そう強く思うようになり、怠惰な生活をやめて努力するようになりました。

20年以上前のはなしです。
それ以降、お金に困ったことはありません。

即金で現金を入手する方法はある

パチンコなどのギャンブルをしていて使い込み過ぎた時です。
所持金ギリギリで当たりを引いた時に残金がなくなってしまい、ATMに行く時間もないですが回さねければいけないので店内にパチンコ玉が落ちていないか探している自分は何とも情けない姿だと思います。
また、ギャンブルも給与振込などを逆算してやるものの負けが続くと食事をする際にも食べたいものを食べずに値段で食べるものを決めます。
この「食べたいものを選ぶ」のではなく「食べ物に選ばれる」感じがなんとも言えないほどお金の無さを感じます。
そういった状況の時はコンビニなどで買い物をする際も商品を1つカゴに入れるごとに計算をしていたりするので貧乏くさい気持ちにもなります。お金がなく銀行のカードなども手元にないものの、どうしてもその場でお金が必要であった場合はクレジットカードを現金化してその場を凌いだりします。
具体的にはクレジットカードで乗車券などを購入し、「金券ショップに買取を依頼して現金に交換する」です。
金券ショップや乗車券を購入できる場所が近くにない場合は、WEB上で買取が完結できるよう某ギフト券を買取業者へ送り現金を振り込んでもらうなどして現金を入手します。

食費が少なくなって心細い時も、節約料理を楽しむことで乗り越えられます。

いつも夫のお給料日直前に多いのですが、スーパーで買い物をするために銀行にお金を引き出しに行った時、口座の残金が数千円しか残っていないと「お金が無いなー」と、とても悲しくなります。
私は家計簿をつけるのが苦手なので、毎月の生活費を計画的に使うことができません。
特に食費については大雑把です。
料理も得意ではないのでその日の気分で献立を決めたりしていて、節約しようと努力したことがありません。
そのためお給料日直前になると食費に使えるお金がほとんど残っていないこともよくあります。お給料日直前になって食費がほとんど残っていない場合、次の夫のお給料日までどれくらいあるのかを計算して、残ったお金でどのように食費をやりくりすればいいのか考えます。
日々の食事では節約しようと努力することはありませんが、お金が残っていない時は別です。
この時だけはお金をかけなくても作れる美味しい料理を一生懸命考えて、とにかく次のお給料日までを何とか乗り越えられるように工夫します。
本当は、毎月計画的に食費を使うようにすれば、お給料日前に焦ることなく安心して過ごせると思うのですが、なかなかできません。
しかし食費を節約するために様々な献立を考えるようになって、作れる料理のレパートリーが増えてきたように思います。
だから最近では、食費がほとんど無い場合でも、「今あるもので何ができるか」と楽しんで献立を考えられるようになりました。

まとめ

さていかがでしたか?

携帯代が払えない 病院に行けないなどお金がなくなってくると本当に困った事が起きてきます。

お金がなくて困った出来事すら 持ちネタに変えてしまえるような精神力も時には必要なのかもしれません。

それでは今回はこの辺で。

今日もお読みいただきどうもありがとうございました。




コメントは受け付けていません。