お金を貸す時は慎重に金額と人を選ぶようになった

学生の友達に五万円貸したことがあります。
バイクの故障で八万円必要でした。
その子は自宅通学で、他の友達も自宅通学、私はアパート住まいでした。
みんなバイトしていましたが、私だけ貸しました。

お金はみんながそして自分が満足するために使うもの

なかなか返さないので、返してと言うと、あなたも生活大変だものねと、あっさり返されました。
よく考えたら、みんな自宅通学だからお金あったのに貸さなかったのは、信用できないからと分かっていたみたいです。働きだして貯金ばかりしていましたが、もう少し、自分のために若いときは使って、自己投資すれば良かったと思います。
特に海外旅行など、自分への経験を沢山すれば良かったと思います。

お金に関する失敗談

結婚して間もない頃に、いい妻の基準を勘違いしたみたいで主人のしてほしいことをどんどん、不安もありましたがお金を使ってしてしまいました。
後で、自分の貯金で補填しましたが、バカだったと思います。大学生時代に友人にお金に困っていると言われたので1万円貸しましたが、なかなか返してもらえなかったのでそれからお金を貸す時は慎重に金額と人を選ぶようになりました。

お金というものはすぐになくなってしまうので慎重に使いたい

本当になかなか返してもらえなかったので、1ヶ月くらい経ってからは、会うたびにお金のことを少し匂わせるように会話に盛り込むようにしました。
それでも反応がなかったので直接そろそろ返してほしいと言いました。そこまで後悔していることはありませんが、強いて言えば元旦に大量に売っていたホッカイロを買っておけば良かったなと思い出すことはあります。普通に買うと意外と高いものだったので。

お金に関する失敗談

前日に人にお金を貸していたことを忘れてファーストフード店で注文をした後に財布を開いたら小銭しか入っていなくてギリギリ足りなかったので家まで走ってお金をとりにいった悔しい思い出があります。飲みの時に同僚のお金を立て替えたことがあります。
金額で5000円程でした。
同僚なのでいつでも返してもらえるだろう、いつでも会えるだろうという軽い気持ちで貸しました。

便利な世の中ですが困らないくらいの現金は持ち歩きましょう

だいぶ酔っていたので同僚も借りていたこと自体を忘れてしまっていたようで、なかなかこちらから言い出すタイミングがなく困りました。
次の飲み会の時にやっとあちらも思い出してくれたようで、(こちらも酔っぱらった時にやっと【この前の飲み会の分返して!】と言えました。)返してもらえました。好きなブランドのバッグを買えばよかったと今でも後悔しています。
その色が結構派手めな真っ赤!な色だったので勇気が出ませんでした。
でも今でも【あのバッグ素敵だったなぁ。】と思い出す時があるし、なかなか同じようなものには出会えないので。

お金に関する失敗談

最近、クレジットカードやスイカに頼りきってしまって現金が全く財布の中に入っていなくても気づかない時が多いです。
今だに日本の飲食店はクレジットカードを使えないところも多いし、手持ちがなくてコンビニに走ったことが何度かあります。

コメントは受け付けていません。