給料が入ったら先取り貯金をすることでお金は貯まります

40代男性です。
生活していてふとした無駄遣いをしているとかなりの頻度で実感することがあります。 それを象徴するのは、財布の中に入っている大量のレシートが物語っていますね。 レシートを一枚一枚見ると、仕事後にふらりと飲食店に立ち寄ったりコンビニなどでおやつを購入しているのです。 財布の中にあるレシートの多さは、お金が貯まらない定型的なパターンとも言えるでしょう。 特に給料日になるとお金を使ってしまう癖があり、それがお金が貯まらない悩みの種でした。 お金は使うことは簡単ですが、貯めることは難しいでと感じた出来事でした。お金をある分だけ使ってしまうと、本当に必要な時に準備できなくなる恐れがありました。 また、予定していない急な出費が発生した場合、手持ちのお金が無くて途方に暮れてしまうかもしれません。 最悪なケースだと、借金しないとお金が工面できなくなるリスクもはらんでいますね。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

お金が貯まらない悩みを解決するために、実行したことは給料日に先取り貯金を行うことにしました。 まずは、無理のない金額から始め上手く行ったら徐々に積立金額を増額するようにしました。 また、積立用の口座は目的以外に引き出せないようにするため、キャッシュカードは作成しませんでした。 その方法が成功し、少しずつですが口座残高が増えてきたのです。 残高が増えていく通帳を見るとモチベーションも上がりました。 貯金は給料の余りから積み立てようとしても思うようには増えてくれません。 給料日に先取りで積み立てる方法が功を奏しました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

先取り貯金を成功させるためには、普段からの予算管理が重要になってきます。 財布の中に入ってる大量のレシートを確認し何に一番使っているか調べてみました。 その結果として出費が多かったのが飲食代です。 手元にお金があると使ってしまうので、キャッシュカードで引き出す回数を決めることにしました。 また、仕事後に飲食店などに立ち寄る回数を週2回までと決めました。 その効果は意外に大きく、財布の中身が減るスピードが遅くなったのが実感できるのです。 月にATMに行く回数を決めたことと、週単位で使う金額を決めたのが家計に良い影響を与えてくれました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

節約は限界以上のことをやると長続きはしません。 私が失敗したなと思った節約方法は、仕事後に寄り道をしないことでした。 仕事の疲れやストレスを解消するために癒すことも必要です。 ストレス解消法は人それぞれですが、私に向いているなと思ったのが、美味しい物を食べたり飲んだりすることでした。 仕事で嫌なことがあっても、美味しい物を食べたり飲んだりすれば不思議に疲れがなくなってしまうのです。 余りにも制約すると逆にストレスの元を作ってしまうのでその方法は止めました。

節約成果発表&まとめ

先取り貯金を始めてから、1年間で100万円貯めることができました。 貯金は100万円までの道のりが難しいと言われていますが、実際に貯まった時は達成感で一杯でした。 計画的に貯金しておくことで、出費が多い車の維持費も捻出できるようになりました。 実際に100万円貯まると、気持ちにも余裕が出てきて前向きになりましたよ。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

お金を貯める方法は色々あります。 また、性格によってマッチする方法がそれぞれ変わってくるかもしれません。 最初から大きいことを成し遂げることは難しいです。 小さいな事でも良いので、貯金する習慣をつけることがお金が貯まる秘訣ですよ。

コメントは受け付けていません。