お金はあればあるだけ嬉しいが、欲求が満たされることはない

一人暮らしの学生の時、仕送りで生活していた為、あまり品質の良い服を買うことができませんでした。
二十歳前後で、おしゃれもしたい盛りで、ウィンドーショッピングや、道行く素敵なファッションの人を憧れのまなざしで見ていました。

お金は、安心感や希望を叶えてくれるもの。無理も無駄もしたくない。

将来の計画を練り直し、衣食住をグレードアップさせるかもしれません。
自然な形で少しは周りにお裾分けしたい。
嬉しいけれど、少し怖いような気持ちで、慎重になると思います。マネーアプリでお金を見える化し、夫婦で共有しています。
夫婦でお金の隠し事がない状態で、明朗会計です。
互いにこれ何と気軽に質問できています。
毎月の収支もハッキリし、資産状況もわかるので将来の計画も立てやすいです。

お金に関する失敗談

ポイントに振り回されること。
ポイントよりも、実用性を重視し、在庫管理をきっちりやるほうが、断然良いと思います。
全く考えないわけではないですが、ポイントはオマケと割り切っています。高級なダウンコートを購入しようか迷っていたが、予算が足りずに諦めた。
周りは長年着れるからローンで購入しても良いのでは?と言っていたが、翌年以降もそのコートを好んで着ている自身もなかったので、悩んだ挙げ句諦めました。

お金は大切だしあって困らないものですが、翻弄されたくはない。

大きな買い物や、贅沢をしたいという欲求が今の所ないので、少し贅沢な食事を家族や友人に振る舞って、残りは貯金すると思います。
物よりも、増えた預金残高で心が満たされる気がします。昼食や飲料を極力コンビニで購入しないこと。
自宅で弁当を作り、コーヒーやお茶もタンブラー持参にすれば1日数百円~千円の節約になるためあなどれないと思います。
おやつなどもスーパーなどでディスカウントされているものを事前に買っておいて持参するのが良いと思います。

お金に関する失敗談

欲しいものは欲しい性格なので、節約のために我慢して好きなものを食べない、買わないというのは性に合わなかったです。
逆説的にそれを買うためにはどこを締めれば良いかという風に考えたほうが長続きすると思います。大学生の時に、半年〜一年ほど、海外留学を考えていましたが、お金がなくてあきらめました。
社会人になってからは働かなくてはいけないし、留学は大学に通っているうちがチャンスだと思っていたので、もう二度と行けないなと思い、悔しい気持ちでした。

お金はあればあるだけ嬉しいが、欲求が満たされることはない

とりあえずほぼ貯金して、他は夫と話し合います。
今後のライフプランとして、引越し、マイホーム購入、マイカー購入を実現したいので、余裕ができればそれらに充てたいと思います。
お金が手に入ったらとてもうれしいですが、今まで後先考えず、欲しいものは衝動買いし、金欠で困ったこともあったので、このタイミングで反省し、こつこつ使っていこうと考えると思います。
今現在お金の使い方を反省し、見直しているところなので、自分の背丈にあった生活ができればそれで幸せだと考えるようになりました。まずお給料が入ったら、食費、電車の定期券代、ご祝儀代など、とにかく細かく分けて、専用の口座か封筒に入れて貯金しておきます。
こうすることで、大きな出費に備えることができ、慌てなくていいし、余裕を持って生活できるからです。
残ったお金で外食したり、欲しいものを買ったりしています。

お金に関する失敗談

少しでも節約になればと、作りおきのおかずを頑張ったり、お弁当を毎日作ったり、スーパーでお惣菜を買わないよう努力したのですがかえってそれがストレスになり、逆にコンビニに通う機会が増えてしまった時期がありました。
もう少し肩の力を抜いて頼るところは頼り無理しないということを心がけるようになりました。

コメントは受け付けていません。