生きていくにはお金は欠かさないもの、大事に使わないと

普段の買い物はほとんどカードを使います。
高額な商品やサービスはもちろんですが、コンビニでの軽食なども出来るだけカードを使います。
ポイントや特典が貯まり、お得に利用できるのがメリットです。

生きていくにはお金は欠かさないもの、大事に使わないと

財布を忘れて出かけてしまうことが時々あります。
友達とラーメンを食べに行ったのに、お金を持っていず1000円借りました。1週間後に会う予定があったので、その時返しました。そう思います。
バイトを始めてからお金を稼ぐ大変さを知ったし、欲しいものも増えたので、使い道は考えるようになりました。
特に飲み会に誘われた時は、ほんとに行きたいもの以外は断ります。

お金に関する失敗談

香港で初めてカジノに行った時、旅行の高揚感やその場のノリに流されて思ったよりも課金してしまいました。
遊びのつもりが5万程失ってしまい、ギャンブルには気をつけようと思いました。クレジットカードで買い物をします。
日常でいつも使っているので、お店のほうでクレジットカードは取り扱ってませんと言われない限りなんでも、金額問わず使用します。カード使用のポイントをためます。

お金に関して堅実派なので大きな損や失敗をしたことがない

ですが、大きなミラクルもないです。でもそういうものだとおもいます。

むかし小学生の頃にまだおこづかいをもらってなかったのですが、お友達はおこづかいで駄菓子などをかっていました。その友達はおごってあげるよといって50円くらいの駄菓子をくれたのですが、50円は私にとっては当時大金でしたのでものすごい恐縮した。割と細かいほうだと思う。
人が飲み会の幹事さんのときなら、端数切り上げで請求されてもなんともおもわないのですが、
自分が幹事のときは1円でもピタッとしたい。もし多めにもらっても差額は次回の時ようにとっておいて、その時の会計決算控えとともに次の幹事に渡す。

お金に関する失敗談

べつに貧乏でないけど、お金を親からいただくのは申し訳ないなと思ていたので、早く働いて自由にお金を使いたかった。進学は大学へ行かず悩まず短大でした。30年前は短大のほうがめちゃくちゃ就職がよかった。ネットでの買い物、会計上家族のものを買うとき、食費など、まとめて金額の管理をしたいものに利用しています。月単位、年単位でもいくら使ったのかをアプリ等で管理できるのが便利です。

私はお金を使うのが下手なのだという自覚が強いので、使うのが怖い

現金をあまり持っていないことをすっかり忘れて食事に行き、友人にお金を借りたことがあります。その日のその外出中に銀行で下ろして返しましたので、その日のうちに返却しました。仕事を選んだりするときに、仕事内容も大切ですが、同じ時間仕事するなら「時給の高いもの」「交通費の出るもの」を特に選びたくなるので、執着は高い方ではないかと思います。

お金に関する失敗談

小学生の頃、どうしても選ぶことができず、全く同じ色違いの文房具を4つも買ってしまい、母にもらった文具用のお金を使い果たし、追加を貰おうといったん帰宅して母に雷を落とされたことをいまだに覚えています。

コメントは受け付けていません。